GROVEモジュールをmicro:bitにつなぐ拡張ボード

気圧が知りたい。
いつの頃からか、気象情報の中では気圧が気になります。
たぶん、温度や湿度のように容易に体感できないのに存在していて、常に変化していることにひかれるのだと思います。
というわけで、いつも頭の片隅で「micro:bitで気圧を測る方法はないものか」と思いながら、オンラインショップで拡張ボードを眺めていました。
そこで気になったのが、「Grove Shield for micro:bit」。GROVEのモジュールにはBME280を使った、温度・湿度・気圧センサーがあります。「組み合わせたらmicro:bitで気圧が測れるのでは?」と、購入してみることにしました。

4つのGROVEコネクターとUSBコネクターが付いた、大きめな拡張ボード

中央にmicro:bitのエッジコネクターがある。micro:bitはLEDが見えるように差し込む

裏面にはコネクターを自分で追加できるパッドが4組用意されている

モジュールは「Grove – Temp&Humi&Barometer Sensor (BME280)」。

20cmぐらいのケーブルが付いている

このモジュールはI2Cで通信できます。micro:bitにはI2Cのブロックがあるし、なんとかなるのでは・・・と思っていましたが、やってみると大変。BME280のいくつかのレジスタに読み書きできるようになりましたが、温度・湿度・気圧の値を取り出せたとしても、複雑な計算をしないと通常見かける値に変換できないことがわかりました。

どうしたものかと調べているうちに、SparkFunの「weather:bit」というmicro:bit用の拡張ボードがBME280を使っていて、パッケージがあることを発見。

エディターの「高度なブロック」→「パッケージを追加する」で検索

「weather:bit」は、温度・湿度・気圧・光センサーを搭載。オプションで土壌の水分や温度を測るモジュール、風速・風向・降雨量を測るモジュールを追加できるので、いろいろなブロックが用意されている

ひょっとしたら、使えるかも! と思い、追加してみたらちゃんと温度・湿度・気圧を読み取ることができました。

普段見かける数値にするには、ちょっと計算が必要

後で気がついたのですが、「Grove Shield for micro:bit」は、「Grove inventor kit for micro:bit」という、いろいろなGROVEモジュールをmicro:bitにつないで楽しむセットの中核パーツで、このマニュアルを見るとすぐに使えるGROVEモジュールがわかります。

で、天気予報センターっぽいものを作ってみました。1時間ごとに気圧変化の傾向を矢印で表示します。これだけでは天気予報はできないのですが、ちょっと楽しいです。

1時間ごとに気圧の変化を矢印で表示する。Aボタンで過去5回分の矢印を表示。Bボタンで現在の温度・湿度・気圧を表示する

>販売サイト
・スイッチサイエンス
micro:bit用 GROVE Inventor Kit
GROVE – 温湿度・気圧センサ(BME280)
micro:bit用 GROVE Inventor Kit

1件のコメント

  1. ピンバック:(メモ)micro:bitで温湿度・気圧を測定してAmbientで可視化 | IT技術情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください