プロジェクトをダウンロードせずに直接micro:bitに書き込む(ベータ版)

micro:bitのベータプログラムに登録しています。
ちょっと前に「新しいファームウェアがWebUSBに対応したので、試してフィードバックを送ってね」というメールが来ていたのを思い出して、やってみました。

<必要なもの>
・バージョン65以上のChromeブラウザ
・新しいファームウェア
・MakeCodeエディターのベータ版

MakeCodeエディターに追加された「Pair device」というメニューで、PCにつないだmicro:bitとペアリング。プログラムを作っていつものようにダウンロードの操作をすると、ファイルが直接micro:bitに書き込まれます。

ChromeのWebUSB機能のペアリングウィンドウが現れる

これは便利。

micro:bitの使い方を説明するときに、難しかった部分が解決します。

micro:bitのベータプログラムに参加するには、micro:bitのサイトの「プログラムしましょう」コーナーの下の方に案内があります。

ファームウェアの更新方法はこちらの記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください