micro:bitの拡張モジュールを自作(ディスプレイ&BME280)

micro:bitにディスプレイをつなぐことができたので(記事はこちら)、手持ちのBME280と組み合わせて拡張モジュールを作ってみることにしました。電池ホルダーも装備して、どこでも気象情報を表示できるようにしてみます。

電池で動くので、どこへでも持ち運べる

用意したものは、下記の通り。

・SSD1306搭載のOLEDモジュール(I2C対応)→Amazon
・BME280搭載のモジュール(I2C対応) →Amazon
・micro:bit用エッジコネクタ垂直タイプ →Amazon
・電池ホルダー(単3×2)
・超小型スライドスイッチ
・アクリル板

最初のきっかけは、エッジコネクタと電池ホルダーを組み合わせてみると、幅がほぼ同じで、上端を揃えれば電池ホルダーの裏面が配線スペースになるなぁと思ったことです。
手持ちのOLEDのI2Cアドレスは60(0x3C)、BME280モジュールのアドレスは118(0x76)か119(0x77)なので、同時に使えます。ブレッドボードで同時使用の動作を確認して、電池駆動できることも確認しました。BME280ですが、MakeCode用の拡張機能がいつの間にか増えていて簡単に利用できます。

「bme280」で検索すると、5つの拡張機能が出てきた

今回はアドレスを選択できる左上の「BME280」使いました。

と、下調べが終わったところで工作開始。

まず、エッジコネクタに電池ホルダーを接着しました。
電池ボックスは接着が難しい素材なのですが、セメダインのスーパーXを使うとエッジコネクタと接着できました。スライドスイッチも電池ボックスに接着。

アクリル板で、ディスプレイとBME280を固定する部品を作りました。
アクリルの接着もスーパーXで大丈夫です。

エッジコネクタの幅と、エッジコネクタ+電池ホルダーの高さに合わせてアクリル板をカット。配線を裏にまわすための切り欠きを作った

裏は配線を通すために、アクリル板の小さな部品を3つ接着

ディスプレイとBME280モジュールを固定したところ

配線がごちゃごちゃしそうだったので、空きスペースにユニバーサル基盤を小さく切ったものを置いて配線することにしました。

ユニバーサル基盤は、少し浮かせた状態でホットボンドで固定

簡単なプログラムを書いて動作チェックしたら、アクリル板をエッジコネクタに接着して完成です。

電池ホルダーとアクリル板で自立

BME280の計測データをディスプレイに表示

なかなかいい感じにできたと思います。
後で気がついたことは、I2CとVcc、GNDのピンヘッダーをつけておけば、ほかのものもつなげられて面白かったかなと(ちょっと欲張りか)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください